代表取締役 仲野 真人

代表取締役
仲野 真人

「農林漁業」を「夢」のある「食産業」へ「創造」する。

 私は前職では、農林水産物を「生産(1次)」するだけでなく、「加工(2次)」、「販売(3次)」まで一体的に行う「6次産業化(1次×2次×3次)」分野を中心として、地産地消や農林水産物・食品の輸出に携わり、全国各地の事例を調査してきました。
 そして、全国の事例を通して感じたことは、農林漁業の問題はもはや農林漁業だけでは解決できないということです。一見すると農林漁業を否定しているように感じるかもしれませんが、例えば収穫した野菜をそのまま食べる人は少ないと思います。サラダにするにも、スープにするにも「加工」が必要になります。また長期保存するための「冷凍」や日本の伝統文化でもある「発酵」も「加工」になります。食べるという視点においても、和食、洋食、中華等、国ごとに様々な「調理法」があり、また日本料理は、突き詰めれば和食のみならず日本家屋、日本庭園、茶器・陶磁器・鉄器等まで含めた「文化」が一体になってこその「日本料理」ではないでしょうか。つまり、6次産業化を突き詰めると地域全体を巻き込んだ「食産業」ではないかという考えにたどり着きました。
 そして、「食産業」として成功している地域は、6次産業化の当初の目的である「所得の向上」を実現し、さらにその成功が「産地」としての振興と、その地域の「産業」の振興にも繋がっていることがわかりました。しかし、その地域を支えている事業者ですら生産者の高齢化や生産人口の減少、事業の根幹となる農林水産物の生産量不足、そしてグローバル化が進む中においてのGAP、HACCP 等国際認証への対応等、数多くの問題に直面しています。
 農林漁業が変革期を迎えている今だからこそ、全国で「産地の産業の振興」に取り組んでいる事業者の経営をサポートし、地方で輝いている事業者を繋ぐことで農林漁業を夢のある食産業へ創造する一翼を担いたいと考えております。そして、50 年先、100年先の「食産業」を一緒に築いていけたら幸いです。

株式会社食農夢創
代表取締役 仲野 真人

経歴

2005年 立教大学経済学部を卒業、野村證券株式会社に入社 千里支店に配属

2008年 自由が丘支店に配属

2011年 野村アグリプランニング&アドバイザリー株式会社に出向、調査部配属

2018 年 野村アグリプランニング&アドバイザリー株式会社 コンサルティング部配属

2019 年 野村アグリプランニング&アドバイザリー株式会社 退社

明治大学大学院グローバル・ビジネス研究科 入学

株式会社食農夢創造設立 代表取締役就任

業務実績

<調査・研修会・イベント業務>

アグリ業界(農業法人の経営課題、6次産業化関連等)の業界調査

全国の6次産業化・地域活性化等に取組んでいる優良事例の調査

6次産業化ネットワーク活動全国推進事業 (2013年度~ 2016年度)

平成30 年度地産地消等優良活動表彰業務

平成30 年度輸出に取り組む優良事業者表彰事業

(表彰業務、フォーラムおよびセミナーの開催、事例集の作成 等)

 

<コンサルティング業務>

商工会を中心とした地域活性化事業計画策定支援(商工会議所)

機能性野菜の6次産業化に向けた事業計画策定支援(食品加工業)

6次産業化事業体の内部環境課題解決支援(サービス業)

卸売市場の再整備及び輸出拠点化に向けた卸売市場の基本計画及び輸出拡大支援(市町村)

卸売市場を活用した水産物の輸出拡大に向けたビジネスモデル構築支援(水産仲卸協議会) 他 多数

資格・各種

日本政策金融公庫 上級農業経営アドバイザー試験 合格者

日本政策金融公庫 水産業経営アドバイザー試験 合格者

6次産業化中央サポートセンター登録 6次産業化プランナー

日本GAP 協会認定 JGAP 指導員

日本HACCP トレーニングセンター認定 HACCP コーディネーター

MHC 認定ローカルハラル管理者(MHC Certified Local Halal Manager)

食農体験ネットワーク協議会認定 食農体験ソムリエ

日本ファイナンシャル・プランニング2級